プロフィール

始めまして! 
アメリと申します。

 

「どこの得体の知れないヒト?!」と思われるでしょうから、短く自己紹介をさせて下さい。

1日のうち、3~4時間は塾で働き、

他の時間は、主に家で犬や猫にほおずりをしたり、毛のにおいを嗅いで癒されている普通の独身女性です^^

 

塾は受講予約が詰まっている為、以前は毎日出勤していましたが、今は頼み込んで週3~4日にしてもらっています。

 

「月~金まで働けよ!」と思われるかもしれませんが、
その他の時間は、大好きな野良仕事を初めとする様々な事をして、悠々自適に暮らしています^^

 

塾も、生きる糧というよりは、生徒の成績を上げる事が、私にはゲームのように面白く、楽しくて仕方ないのと、

小学生くらいの子ども達と話していると、珍回答の連発すぎて頭痛がしてくる為、子ども大好きの私にとっては、楽し過ぎてやめられない為、続けています!

 

基本、仕事をするのはとても好きなんですね^^

特に子どもと一緒の仕事は癒されます♪

 

***********************

 

「おい、そんなんで生活できるわけないやん!」って思われましたか?

いや、普通に生活してるんです、これが。

アメリのアドセンス実績はコチラ

それ以外の時間に、実はムキになって、変な作業をしているため、普通に成り立っています。

 

サラっと書くと、先ほど書いたような犬や猫の匂いを嗅ぐ、というのが主な業務ではありますが、もうひとつ・・・↓↓↓

お気に入りのパソコン前で、ポチポチと、野良ライフ・オーガナイザーというのをやっています。

 

要は

『PCを使って、

あなたが理想とする生活スタイルを送るための手段を提案したり、

一緒に構築して、収益やスタイルを上げさせてゆく』

というのが私の仕事です。

 

ザザザっと説明すると、

「会社のお給料だけじゃとてもやっていけん。
お金ってどうやったら作れるの?
貯金になるの?」という人々に、こーせいあーせいとアドバイスし、

何もないところからお金を生み出すお手伝いをする仕事です。

 

ライフプランナーさんとか、ファイナンシャルプランナーさんなどは、
すでにあるお金を元手に、次にどうするか、をアドバイスしてくれますが、

私の分野は、ほとんどない状態からでも、作業者のやり方次第でモリモリっと作り出してゆく仕事です。

 

・・・自分で書いてて実に嘘くさいですが、まぁ夢物語でも何でもなく、

普通に「私」という人間の、説明書です^^

*********************

先ほど、
現在は 学習塾講師 と、書きましたが、元から塾講師をしていたわけでもありません。

実は思うところがあって、今の生活があります^^

 

「ハショらずに、もっと詳しく言え!」という方のみ、以下をご覧ください(笑)

一見、超・自由 & 気ままに見える、
アメリの生い立ち & 経歴

私は、中国地方出身で、
夜には動物虐待のYouTubeを見て、怒り狂って涙している、
どこにでもいる普通の自由独身女性です。

 

私が子どもの頃からいつも犬を散歩させている溜池。

 

座右の銘は、努力に勝る才能はナシ!です。

 

今までの経歴をガガーっと説明します。

 

中国地方の、ちょっと古めの家系に育ちます。

継げば、の話ですが、弟の代で13代目になりましょうか。

 

  ↓ ↓ ↓

 

芸術系の大学に進学すべく関西へ!!!

舞台とかメディアとか専攻。

こちらは、オーディオドラマ?のセリフ撮り中。

元々ちょっと変わり者だった私には、「もう変人扱いされない!」という、最高の環境でした!

 

 ↓ ↓ ↓

 

在学中からインターン中であった、
大阪のFMラジオ局で外国語番組のADに。

懐かしの職場!
南港ワールドトレードセンター。
典拠: Yahoo! JAPAN

職場はワールドトレードセンター内の為、世界中からやってきた技能実習生がたくさんでした!

 

 ↓ ↓ ↓

 

渡米し、留学生に。

これは助席に乗せた友人が撮ってくれたもの。

毎日放課後、図書館へ行って夜遅くまで勉強していました・・・。

 

その後、
現地の教育機関で働き始める。

ちなみに仕事はVISA発給への必要書類を作ったりする事。

 

 ↓ ↓ ↓

永久帰国し、東京へ。

カメラアシスタントとして、TV番組やCM制作などを担当。

これはユニバーサル・スタジオ・ハリウッド。

学生時代から数えると、3度目のマスメディア系ですね!

 

この頃から、心にの一文字が、チロチロと燃え始める・・・。

 

 ↓ ↓ ↓

 

ついに実家に帰省!(親も私も、いい年になりましたからねw)
図書館司書になった為、公務員に・・・。

本にブックカバーかけたり、子どもに英語の本を読み聞かせたり、楽しかったなぁ!

これが二度目の教育機関です!

 

 ↓ ↓ ↓

 

念願の、農業という分野に踏み出すべく退職 ← もちろん家族は大反対!

農業講座に通いつつ、撮影業は続行!

貴重なショットですね!
向かって右でレポーターをしているのが私ですね。

 

撮影の仕事で、農業大国ブラジルへ!

バックはアマゾン川・・・。
まさに番組出演中。
この後、ワニの赤ちゃんまで抱っこさせられる羽目になるとは、まだ気づいていない・・・。

ちなみに、私の右肩・・・

写真に向かって左にちょっと写っている方おられますよね?

彼らは原住民のインディオ達です。

 

 ↓ ↓ ↓

 

2013年: 

帰国後、農業を優先すべく、生きてゆく糧として、近所で工員に!
いかにして理想のワーキングスタイルを追求すべきか、もんもんと探すうち、ついにネットビジネスに出会う。

 

初めての「工場」で流れ作業という仕事!
何も考えないで良かったですが、立ち仕事で足がツラかったのと、時間の無駄感が半端なかったです。

 

 ↓ ↓ ↓

 

2015年: 

メンターに出会った事もあり、本格的にネットビジネスに!

ついに農業サイトに着手できたのが嬉しかったですw

 

ちなみに現在は、夕方~夜だけ、
近所の学習塾で小学生~高校生まで、数・国・英を、教えています。

 

現在は、アフィリエイトだけだと、作業しなくても月15万円程は入ってくるため、
別段、塾で働く必要はないのですが↓↓↓

これは先月のアドセンス収入。

子ども達と一緒に何か勉強する事は、思ってる以上に楽しく、学ばされる事が多いので、情熱を持って続けています^^

不本意ながら、割合人気の、適度に予約パンパンの講師ですw

休日には、大好きな野良仕事も、ムキになってやってます★

 

パッと見、ちょっとチャランポランな行動に見えますが、
近年農業中心の生活になるまでは、基本、教育業(教育委員会含む)マスコミ業 の二つを行ったり来たり・・・

平行してやっている感じでしょうか。

どの職種も、通算すると7~10年以上はやっています。

 

転職理由も、
VISAが切れたり、
○ャープが香港?の起業に身売りする事になり、風向きがおかしくなる、
など、運命に翻弄された感が否めません。

 

1%も書ききれていないですが、
私は上記の経験で、本当に数多くの事を学び・・・というか痛感。
数多くの種類の人々に出会いました。

 

よく生徒や友人に「自伝でも書いたら?!」と言われるくらい、変な人生を歩んでいる方だと思います。

 

ほんとなら、上記のプロフィール欄に、なが~く書いてしまいたいところですが、
自分のプロフィール程、つまらんものはない為、ハショります。

「なんでワシばっかり、こんな変なおもろい目に遭うねん!」と、もはや自嘲気味になるので、またいつかですね f ^_^

アメリはなんでそんな生活を送ってきたの?

典拠: The Preaches Word

私は今、ネットビジネスを始めてから、まぁ幸せです。

 

なぜなら、ケガや病気など、ライフイベントはありますが、

どうとか言って、

家族全員、元気で、私自身も好きな事が出来ているからです。

 

何より、

会社や職場などに所属する事によって起こる、
余計なわずらわしさ

というものが、一切なくなったからです。

 

「ネットビジネス始める前から充分、好き勝手やってんじゃん?!」と思われるかもしれませんが、

実は、
私がこんな性格や、こんな生活になったのには、ちょっとわけがあるのです。

緩急はげしいアメリの生い立ち

 

ちょっと、YouTubeの嫁・姑問題みたいな感じになりますが・・・

わざとそれっぽい字体にしてますけど。。。

(でも、完全事実ですけどね★)

***********

 

お金持ちでもないくせに、
由緒正しくて、

お堅い農家の、

本家の、

長女に生まれた私。

 

そのため母は、産後も、まだ入院中に、
自分の赤ちゃんの名前が、義家族によって勝手に市役所に届け出が出されてしまいました。

・・・・・・姑が母の考えた名前を却下した為です。
(ホントなら私の名前は、愛美か、美菜子になる予定でしたw)

 

母は自分の子ども達に、自分で考えた名前すら付ける事が出来かったのです。

 

私の兄弟全員です。

 

結婚した女性は、下働きの女中ように、
自分が病気になろうが、子どもが病気であろうが、義両親の世話も全てするのが当然というふうな家でした。

 

(女中は、病気になればお暇を出されますが、こちらは家庭なのでそうはいきません。)

 

親の世話は、実子が居ようが、他にも兄弟が居ようが、
嫁か娘がするのが当然という扱いでした。

 

近年でも、母自身が癌で闘病中だったにも関わらず、

祖母(90歳Over!!  母にとってはトメ。動くのが嫌いで、高血圧で、肥満で、心臓の手術を何度も受けており、糖尿などの気のある、医者に止められていても隠れてドカ食いをしちゃう)に、

母が自分で作ったお味噌汁(これは、母が癌専門医に「食べなさい」と言われて、作り置きしてある)を、先に食べられてしまうのが、かわいそうでなりません。

お鍋、空っぽ。

 

注意:  
がん患者は、お味噌汁など、発酵食品は食べた方がよい、とされています。

 

話を元に戻します(笑)

 

その反動なのか何なのか、私は、
女性だから、

男の子だから、

女の子なのだから、

長男だから、

本家だから、

嫁だから、etc.

・・・そんな考え方がたまらなく嫌いになりました。

 

ちなみに今でも、「結婚したら嫁さんは家で家事さえ完璧にしててくれれば何やっててもいい」とかいう意見を聞くと、ついつい号泣してしまいます。

 

典拠:the davis family-blogger

 

よく私に「旦那がさ~・・・」と愚痴る、最近の若い嫁の友人達ですら、

聴いてて気の毒になるくらい、結婚してエライ目に遭っている友人・知人が居ますが、

 

「そんなにイヤなら離婚したくならないの?」と訊くと、

二言目には、
「いや、子どもが居るとさ~・・・
離婚したって食ってけないじゃん・・・」と、

子どもを育てる為、どんな目に遭おうと、離婚できないのだそう。

 

やはり時代は違っても、男性と女性とでは、
結婚生活で苦労させられる率は、日本では女性の方が断然多い気がします。

 

殺伐として?ユニークな学生時代(笑)

 

典拠:Dream Stop

 

中学になり、全国的にイジメが大問題になり、大流行し始めた頃、

なぜか私も、たった1週間だけ「イジワル子ちゃんに見張られる」という意味のわからない思いをした事がありました。

 

イジワル子ちゃんは、やぼったかったり、少し障がいがあったり、口答えしなかったりする大人しい子ばかりを相手に、どんどんイジワルをしてゆくのです。

 

Yes,  私はクラスで一番、体が小さく、髪もいつも一本のオバサンくくりで、やぼったかったのです(笑)

あだ名を付けるなら、
「ヤボ山ダサ子ちゃん」って感じ❤

 

幸い、相手も、「コイツ相手にしても、どうやらコイツよくわかってないらしい」と、気付いたのか、1週間でおしまい!
(後で知ったのですが、ターゲットはまた別の子に移ったらしいのです)

 

 

けれども、その経験から、中~高校時代の私は、

「とにかく目立たないように、

人の記憶に残らないように、

誰の目にも留まらないように」

と、行動し始めます(笑)

 

今思えば、意味のわからない努力ですが、

「またあんな風に、目を付けられちゃ叶わん!」と思ったんですね!

今でもそのトラウマなのか、大勢の中で口を開くのはとても苦手です(苦笑)

 

その反動からか、大学は芸術系の大学に進学。

「そこに行けば、私以上の変人が居るはず!
私が目立たなくなるはず!」

という事がバネになって、倍率30倍程の学科の、
これまた当時倍率11倍の自分の行きたかった専攻へ進めたのですから、
後になって考えれば、イジメッ子達もいい事をしてくれたもんです!

 

実際の大学生活は、さすが芸大だけあって、かなりユニークで、楽しかったですとも!

 

・・・結果、
「人からどう思われようが、気にならなくなる」という意識になり、

中学・高校時代の私からは想像もできない程の、開き直りっぷりでその後の人生を選択してゆく事になります(笑)

 

米国へ! そして社会人になる

 

その後、勢い余って、米国へ留学。

アメリカは、かなりの個人主義!

ここには、世界中からとってもユニークな偉人・変人が集まっていて、
私はますます我は我が道をいくようになります。

 

けれども、
誰かが何かを勉強したり、目指したり、努力し始めると、
周囲はがぜん応援モードになるアメリカ・・・。

 

資料を集めてくれたり、先駆者や有識者に会わせてくれたり・・・協力体制突入です!

 

日本だとおせっかいだと言われていた事が、
ここではごく自然な事だったので、とっても嬉しかったです。

 

そして何年ぶりかに日本に帰国した私・・・

 

そこで、職場のある女性同僚から、強烈な嫉妬を向けられ、
無駄に張り合われ、とにかくとんだ迷惑をこうむります。

↑↑↑

この話は意味不明なので、またいつか書きますね!

 

アメリカだと、

「○○君は、本当は▲▲の部署に 移転したいらしい。」とか、

「今度、■■■の資格に挑戦したくて、勉強中らしい」ってなると、

周囲はがぜん応援モードでしたが、

 

日本だと・・・・・・まぁ、びっくり!

 

「あいつにそんな資格、取れるもんか」とか、

「絶対、そんな部署に行けないようにしてやる」とか、嫉妬や、逆に足まで引っ張り始める奴が必ず最低1人、2人居る!

ここの職場だけかと思いましたが、どんな職場でも、この類の人々の多さには驚かされました。

何度も言いますが、これには、超絶ビックリしました。

 

他人にだけ向上されてイヤなら、自分も努力すればいい事ですが、
そういう人々は、そういう状況になると、途端に、

相手を見張り始めたりだとか、

影でけなし始めたりだとか、

悪口を吹聴したりだとか、

そういう事を始めます。

 

居ますよね?

嫌いな相手のFacebookばかり チェックしている人

嫌いなのなら、放っときゃいいのにね!

 

そして、

永き一人暮らしに別れを告げ、実家に戻った私は、図書館司書に。

一気に公務員扱いになってしまいます。

 

そこでまたも、
なんか若き礼儀知らずの大学出たばかりの、ある一人の若い女の子(Kさん)が、周囲からコテンパンに怒られているのを、再々見かけます。

 

・・・同じことを別の人がやっても怒られやしないのに、Kさんがやると気の毒な程に叱られるのです。

しかも、ご婦人方、数人がかりで・・・。

(一度など、せっかく彼女が買ってきてくれたお菓子にも、文句を言われていましたよ・・・可哀相に。)

典拠:linkedin.com

 

そこで再び、中学時代のイジメとそっくりな
「文句を言いそうもない、大人しそうな人だけ、つっつく」という、ニワトリみたいな新人教育方式(なのか?)に、本当に辟易します。

 

1人1人だと、いいおばちゃん達だし、親切にしてくれるのに・・・
集団となると、女性って恐ろしいぜ・・・

 

そんなわけで、今度は、人間付き合いがあんまり好きでなくなってゆきます。

 

そうこうしている内に、たまたま行った検診で、

「どうやら私の卵巣の片方は、膿腫か、癌である」と診断されてしまいます。

 

・・・2~3ヶ月後に、卵巣は普通のサイズに戻り、ほどなく事なきを得るのですが、

これを言われた時、

「(もし癌なら)人生とは、な~んと短いのだろうか」

と、痛感します。

 

これは、死ぬとき後悔しないように生きねば!と、強く思ったのです。

 

 

話を戻して・・・

 

会社では、嫉妬まみれ。

 

市の職場では、古株さんなど幅を利かせた者が、気弱な人だけを叱りまくるという、
ヨドミのような惨状。

 

そして、もはや「社会に属して働く」という事に、
すっかり魅力を感じなくなった私は、
マスコミ時代からの夢であった、農業へと飛び出します。

               ↑↑

「日本の食物自給率が、39%まで落ちた」という新聞記事を読み、
「農耕民族日本人なのに、『農』まで捨てたか・・・」と感じたため、

「誰もしないのなら、ワシがするっきゃない!」と思って飛び込んだという、
ハチャメチャな原動力ですけどwww

 

 

そして、気象や天候に往生しながら、農業講座にも通い、一生懸命取り組みます。

奥の、森みたいな場所が、最初に私が野良仕事を始めた、記念すべき場所!

 

そこに通う小農家さん達が言う、

「小農家では、子ども達を上の学校にすら上げてやれない」悩みを聴いてしまいます。

 

そこで、(農作物を作って)自分だけ大満足ではいけないという事に考え至ります。

 

一見、「独身だから、好きな事できていいね~!」って感じに見えますが、

実は、我が家・・・

 

アクティブで、大ケガばかりするおとん・・・
サンダーの刃が飛んできて、足に刺さり、骨が出たり、
今年4月は、庭木の剪定から落ちて、背骨を(2本もな!)折ったり、

2週間前には、バイクでコケて、肋骨を強打したり・・・。

 

癌で闘病したおかん・・・
(一時は、抗がん剤の副作用で、丸ハゲになり、手足がしびれているせいで痛みもないので、気づかず熱湯に手を突っ込む、などの仰天行動に出た事もあります・・・)

 

自分では歩き回ったりできず、全てに他人の手がかかるのに、
絶対に施設に行きたがらないお婆ちゃん・・・

・・・冒頭に出てきた、元気な頃にはさんざん我が両親を苦しめた、はちゃめちゃお婆ちゃんの現在です。

 

長年、食事に海のように醤油をかけ続け、
最近だと、夜中でもなんでも、用事があれば大声で家族を呼び続けた結果か、脳梗塞で救急車で運ばれ、現在入院中です。

(ご心配なく!  お婆ちゃんは2日後、医者も度肝を抜かれる奇跡を起こしましたからw)

 

などなどの、イタいイベント盛りだくさんで・・・

 

フットワークだけは軽い私と、

気立てのよい、病院勤めの妹とで助け合わないと、多分家族はムチャクチャです・・・。

 

さぁいよいよ、
自分だけ良くてもダメ、

家族も幸せでなくちゃダメ、

自分達だけ良くてもダメ、という事に気づいてきます。

 

いつ、だれに何が起ころうとも、対応できる状況でありたかったのです。

 

そんなわけで、私はおのずと、

「(やっかみで嫌がらせに遭わない)自分でできる職場や仕事はないか?」

 

(自分の好きな分野)に貢献できる事はないか?」

 

「自分のスキルを活かせる仕事はないか?」

 

「(誰かに依存しなくても)女性でも、自立して、
子どもを育てられるだけの収入を得られる仕事はないか?」

 

「会社の倒産など、自分のミスでもないのに、食いっぱぐれない仕事はないか?」

 

「(農業・林業・漁業など)天候・自然に左右されない仕事はないか?」

 

「(肉体労働など)体を壊したら、もう収入ゼロ!って事にならない仕事はないか?」

などを、な~んとなく模索し始めます。

 

こんなに多いと、単にワガママっぽいですが、
人間が心身ともに、元気よく生きていくためには、どれも必須項目です。

 

そしてついに見つけたのが、「ネットビジネス」という分野でした。

そして出会った、ネットビジネス!

「ネットビジネス」が気になり始めて色々調べてみると・・・

どうやら上記の、私が心配する、すべての条件を満たしてくれそうです。

 

大好きな野良仕事のページを始めました。

 

最初の月なんて、月の下旬から始めたせいもあり、こんなザマ!

2015年10月アドセンスレポート


はははは! 

今見るとやっぱりほほえましい、¥128 !!!

現在はちょうど2年が経過したでしょうか?

 

もう、今の状態になるまでは、楽じゃなかったですとも!

途中で何度もトラブルが起こりましたとも。

(これは後々ブログでね!)

 

オカンを毎日病院に送り迎えし、野良仕事などし、バイトし!
もう、夜にはバタンキューですよ。

PCの前に座るや否や、白目を剥いて、のけぞって寝てましたよw

 

 

けれども、私は、
メンターさんの励ましや、適切なアドバイス、

それにメンターさんの主催するコミュニティーに属していたおかげで、様々なトラブルを乗り越える事ができました・・・涙。

 

「自分には信頼できるメンターが居る」って、本当に心強い事です。

百人力ですよ、ひゃくにんりき~!

 

 

ちなみに、

メンターを持たずに、スタートした友人達はこうなりました↓↓↓

 

私がネットビジネスを知った直後、

周囲の人間に「こんなもんがあるらしいから、始めてみようと思う」と話し、

私は、ビジネス塾に飛び込みました。

 

ほとんどの人が「そんなにうまくいくわけねーだろ、変なもんに騙されて!」と笑う中、

ほんの幾人かは、「そんなら自分もやってみようかな」と、本など調べて、自己流で始めた人々が居ました。

 

けれども、
その誰ひとりとして、1年後、収益が月1万円を超えた者は居なかったですし、
そもそもうまくいく展望が見えず、途中で辞めてしまっていました・・・。

 

もし、私が本やネットなどだけから、知識を手に入れていたとしたら、きっとそうなっていたでしょう。
おかしな情報商材にだまされていたら、もっともっと早くに頓挫していた事でしょう。

 

これは別に私の状況が、

メンターさん(指導者や助言者の方の事です)が全て、
何でも私の代わりにしてくれたというわけでも、

「おんぶにだっこ状態」で、何でも解決してくれたから、というわけでもありません。

 

メンターさんと一緒に、二人三脚でやってきた賜物なのです。

メンターさんは、色々なトラブルに一人で対応できるよう、手助けもしてくれるのです。

 

良いメンターさんは、「収益さえあればいいや!」と、無理に生徒を逃がさないようにするのではなく、

「独り立ち」できるようにしてくれるのも特徴ですね!

典拠: the odyssey online.com

 

ネットビジネスの世界では、収益が月1万円あれば、すごいほうだとされています。
ましてや「月10万円達成を唱っているなど、詐欺にも等しい!」とされています。

 

が!

嘘・偽りじゃない、ビジネス塾に入った者は別です!

 

努力や、

やり方、

時代の読み方次第で、収益は上がって当たり前の世界!

 

自分よりたった数か月前に始めた先輩達、
一緒の時期に始めた仲間達が「月収100万、200万・・・」と、どんどん収益を上げて行き、

 

ズブの初心者から始めた人でも、参入分野によっては、

3~4ヶ月で、ピョーンと、月10万円を超える方も多々居る世界。

 

要領も悪く、歩みの遅かった私は、
ほんとに、自分の満足の行くページを作るべく、ぼつぼつやり進めて行きました。
(ほんとは収益を重視しないといけないのですがwww)

 

そして現在の私!

結果、1年半ほどで、
別に何も作業しなくても、勝手に月15万弱(2017年11月時点)入ってくる、
どこにも出てない情報が載ったサイトができました。

これは、先月(2017年11月)のアドセンスレポート。

まさに、唯一無二のサイトです。

 

閲覧者がどっと来すぎて、何度もサーバー落ちを経験しました。

(最初に経験した時は、不謹慎にも、嬉しくて泣いてしまいましたw)

 

現に、春・夏・冬・受験前などは、
現世(学習塾ですw)で、集中講習会に刈り出されて、ほぼほぼ作業などしていませんでしたが、別に収益は変わりません。

なぜなら、一度作った自分のサイトは、いつも常設してある状態なので、みんなが訪れてくれるから!

 

当初は、「早く収益を上げたい」の一心でしたが、

やり始めると、
「どうやら自分は、(収益とかより)本当に満足の行くサイトが作りたかったのだな」などの事や、

「自分はどうやらコッチ系統の分野に向いてるらしい」とか、

「自分ではかねがね、○○○という分野が面白いと思っていたが、
ユーザーさん達に人気なのは、意外と▲▲▲という分野だった」などの、

全く新しい事に、数多く気付きます。

 

1人作業はとても好きだったので、やってて苦ではありません。

夜中にひとりで作業していると、バイトさんとか、仲間の人とかが、メッセージなどくれるのも、なかなか楽しいですし。

 

たまに、

「餅もつける、ホームベーカリーが欲しいな。
もち米だけ無駄にあるし・・・」
とか、

 

「夏、寝る時、暑いな・・・。寝ゴザが要るな!」とかいうのはありますが、

 

いい車に乗りたい!とか、
ブランド物が欲しい!とかいう、欲は全くない私。

 

そもそも肉や魚もあんまり食べられない(ひどい腹痛を起こして、気を失うのです)私は、
野良仕事を始めるくらいなので、お野菜、大好き❤

 

お酒も別段おいしいとは思わないので、いよいよ出費が少ない方だと思います。

 

・・・こ~んなに安上がりな女なのに、嫁に行けないのは、
ひとえに「見た目・心・頭・経歴」など、あらゆる分野に渡って、きっと大問題があるからだろうね♡・・・と1人で、分析し、夜中に爆笑しています。

・・・しばらくして我に返って、ゾっとしますけど(笑)

 

ネットビジネスは自由業なので、
気が向いたとき、旅に出られるのも、気に入ってます。

かばんひとつで、世界どこでも行けますし、どこに居ても、収益は出てますから。

これは、タイ。
チャオプラヤ川クルーズ中。

 

もう会社の都合と、同僚の都合と、自分の都合を、かな~りすりあわせて、
ヘコヘコしながら、有休申請を出す必要もありません

 

妹は、あんまりどこにも行ったことないので、海外に連れて行きます。
(妹は、会社に頼み込んで有休取りますけど・・・)

ほんとなら色々買ってやりたいですが、

いかんせん、二人共、無欲の極みなので、買い物のはかどらなさと言ったら!(笑)

 

土日祝日の、めっちゃ混んでる日に、クッソ並んで運転し、
急いで買い出しをする必要もナイざんす!
平日働かなくていい仕事は、ここが最高です!

 

K’sデンキのオープン記念が平日でも、ちゃんと並べます!

なので粗品のバカでかい、「ダシの素」を貰って大喜び!

 

 

次の日仕事がないので、夜遅くまで、YouTubeで爆笑動画が見られます!

典拠:YouTube

そしてそれを学習塾の子ども達と、ヒャッヒャッ言いながら、語り合います。

子どもはいつもエネルギーや発見をくれるし、「先生大好き!」というお手紙をくれるので、涙出ます。

 

おとんが木から落ちて、背骨(2本!)折りましたが、毎日病院にお見舞いにいけます。

「おとん、何しとんじゃい! タバコやめる言うとったがな!」と、

入院中で、家族が居ない事をいいことに、
こっそり煙草を吸うオトンを叱ることができるメリット付きです(笑)

 

犬の散髪も、のんびりできます!

美容師に頼むと、悪魔みたいな耳の、変な犬にされるので、毎回私がやります。

実際に私がカットしたもの。
しっぽがネギ坊主みたいになってます。

「マルネコちゃんスタイル」や、「雌ライオンちゃんカット」など、
コロリとしたポメラニアンを作らせたら、結構秀逸な腕前になってきました(自慢!)

 

お陰様で、
通りすがりの近所の女子高生たちが、金切声をあげるほどの、
チャーミングなイヌちゃんです。

アメリ主催『ANBI』のカリキュラムはどんな感じ

典拠: trendintech.com

 

ネットビジネスをやってる人なんて、きらびやかな生活だと思いきや、

かなり自分の思い通りの、素朴で楽しい生活を送っているとわかってもらえたと思います。

 

ええ、人間はお金を持とうが、時間を持とうが、

健康的でありさえすれば、

自分が生きたいスタイルで生きていけるのが、一番幸せなのです!

 

人様に顔向けできないような悪い事をしているわけでも、

迷惑かけているわけでもありませんしね!

 

公務員時代より、会社員時代より、はるかに色々考えて勤勉に作業や仕事をしていますから、

遊び暮らしているわけでもありません。

 

あなたが今のままの生活に大満足で、幸せなら、けっこうな事です!

そのまま邁進し続けてください^^

 

けれど、

過去の私のようになんとかしないと、ほんとにマズイって気付いておられる方・・・

心の中に、ほんの1ミリでも私だって変わりたいんだ!と思っておられる方、

一緒に頑張れるといいなぁと思っています。

 

「でも、何をどうすりゃいいのかわかんないし・・・」という方。

 

ちょっとお伝えしておきます↓↓↓

 

私の主催するAmelie’s Net Business Institute [ANBI] のプログラムでは、別途詳しく説明しますが、いくつかのコースに別れています。

 

中には、他のネットビジネス主催者の方曰く、「ありえない!」無料で、0からサイトが作れるコースもあるので、初心者の方はこのサービスをガンガン利用して下さい。

 

他にも、

相談したい時だけ相談できるし、家事や会社が忙しい方でも、隙間隙間に作業できて、
その上、必要な方には嬉しい、お休みまで取れるコースもありますので、子育て中の方にも安心して取り組んでいただけます。

典拠: Online Schools Center

 

「いや、私、初心者!
最初から、ゆっくりと丁寧にやっていきたい」
って人や、

 

「サイトはあるんだけどな~・・・
どうやってお金になるのかがわかんないんだよな」
とか、

 

「なぜか収益が上がんないんだよな」の人の為の、徹底的なテコ入れなども含んだものなど、それぞれの状況に合った、

料理で言うなら、フルコース状態のプランもありますので、これは力強い! 

↑↑↑ 

自分で言うな! 状態ですが、

私も2年前は、実際そんなコースからスタートした、経験者ですので、太鼓判を押しておきますね!

 

まだスタートしていない方、

その価値がよくわからないかもしれませんが、

 

ネットビジネスをすでに始めたほとんどの方が、

途中で頓挫してしまっているのが現実の姿なので、

ほんとはここが一番、要となる部分なのです!

 

と、いう事で、後半

いかに時間を楽しく謳歌しているかをアピールしすぎた感がありますがw

 

「わしのせいでもないのに、転職ばっかり・・・。
もう疲れたわい・・・」という方。

 

「あれ? 日本に戻って来たのはいいけれど、
私って、『あなたには夢みたいな大企業が待ってる』って言われて帰国したんじゃなかった?

何、この現状・・・」という方。

 

「おい、繁忙期以外は、お金が入って来ないぞ?
その上、今年は不作だわい・・・」という天候に左右される、農業・林業の方。

 

「父ちゃんや、フィアンセ、恋人の給料ばかりに頼ってらんない!
私だって、旦那以上に稼いできたるわい!」という主婦の方。

 

「面倒な人間関係や、シガラミなしで働ける仕事がいいな・・・。」という方。

 

「女性だって1人の人間なんだ」という、胸に秘めた思いを持った、下働きみたいな女性の方!

 

「1人でだって、ちゃんと生きていってやるんだ!」という、独身貴族人生を年とっても謳歌したい方!

 

「離婚したって、子どもを育て上げてみせる!」というシングルの方!

 

「ワテ、PCの使い方は何とか知ってる程度だけど、
そんな状態でビジネスなんて、できるのかしらん・・・」という方。

 

それより何より、

 

「わしゃ、何もええ車に乗りたいわけでもないし、
高級腕時計が欲しいわけでもないけど、素朴な生活でええ!
お金の事など心配しないで、のんびり暮らしてみたいのう・・・」という方!

是非是非、一歩を踏み出してみて下さい!

 

そんな色んな悩みや、トラブルを通過してきた私が、

ここで、

あなたの成功をお手伝いできるのを楽しみに待ってますから!

典拠:independent.ie

 

一緒に成長して、

一緒に成功目指して、

がんばりましょうね^^

*お問い合わせはコチラ*