アフィリエイト / Google AdSense(グーグル・アドセンス)

Google AdSenseって何?グーグルアドセンスとその他アフィリエイト広告との違いを徹底比較して、メリットデメリットを知ろう!

こんにちは!
【Get A Life(GAL)】のアメリです!

 

今回は、

Google AdSenseとは何なのか?

他のアフィリエイト広告とどう違うのか?

その特徴メリット&デメリットも含めて解説したいと思います。

Google AdSenseは、「自分で作ったホームページに広告を貼ってみたいものの、どんな広告を貼ればいいのやらわかんない!」という人に打ってつけで、

この審査を通ってこそ、『広告収入系アフィリエイターの登竜門』的なところがありますので、とにもかくにもGoogle AdSenseアカウントを取得する為に、まずはGoogle AdSenseについてよく知っておくことにしましょう!

そもそもGoogle AdSense(グーグル・アドセンス)って何?

 

「Google AdSense(グーグル・アドセンス)」というのは、
天下のGoogleが運営する、掲載用広告サービスです。

 

ウェブサイトの片隅に、Googleから提供された、あなただけの広告コードを貼り付けておけば、あなたのサイトを覗きに来てくれた訪問者が、記事を読みがてら、気になる広告があればクリックしてくれる!という仕組みになっています。

 

Google AdSenseが提供する広告というのは、基本的に「クリック型成果報酬式」なので、訪問者がその広告をクリックし、開いて、じっくり眺めたり、検討したりすると、報酬が発生する仕組みですので、
閲覧者自体がその広告から物を買ったり、何かを契約したりする必要はありません。

誰も損しない仕組み!

Google AdSenseの広告登録申請方法はコチラ

Google AdSenseに登録申請する方法!審査に落ちたくない人の為の、必勝必須準備物からわかりやすい申請手順まで詳細に!この記事ではアドセンス審査に落ちない為に、審査までにきちんと準備しておいた方がいいものリストや、実際の登録申請のやり方手順を詳細に説明しています。いずれアドセンス申請をしたい方も前もってご一読しておいて下さい。...

 

通常、広告が貼りたいとなると、
各種ASP“アプリケーション・サービス・プロバイダ”の略で、広告のデパートのようなサービスサイト。)から、「これが売れそうだな!」「これは報酬が高そうだな!」と思う広告を選んで、

それについて記事を書いて

そこに先ほど選んだ広告を貼り

閲覧者がその広告をクリックし・・・
かつ、成約に結び付けば!

・・・やっとこさ報酬が入る仕組みになりますが・・・

 

Google AdSenseは、ちょっと違います。

広告を選ぶ必要もなければ、
その商品について記事を書く必要はありません。

 

それはなぜなのでしょうか?

 

まずは、以下をご覧ください。

簡単!
Google AdSense広告の仕組みと流れ

 

典拠: Wanderlust Worker

企業A:  Googleさん、うちの会社の宣伝、貼ってくんない?

商品B: うちは商品の広告お願いよ!

学校C: うちの来期の生徒募集の広告掲載、Googleさんお願いできない?

Google AdSense: いいとも、広告主さん方!!!

ホームページ運営者:
私はブログ書いてるんだけど、ただのサイト運営ってのもあれだし、
広告貼りたいけど、どんな広告がいいんだろ?

Google AdSense:  
サイト運営者さんもウェルカム!
そんならうちのGoogle AdSenseにしなよ!

アドセンスってのはね、あなたのページを見に来る閲覧者が「気になるであろう広告」が自動的に類推されて表示されるんだ!

だからサイト運営者さんが、毎回いちいち「どんな広告を載せるか」を選ぶ必要が無いんだ!

つまり、
様々な企業や組織が、自分達の宣伝となるような広告の提供をし、

Googleがそれらすごい数の広告を、問屋かデパートのように一括で担っていて・・・

そこへ、
私達のような「ホームページに広告を貼ってあげてもいいよ!
いや、むしろ貼らせてくれ!」
と、申し込んだサイト運営者に、

「はい、これが広告(のコード)で~す! サイトに貼ってね!」と、配ってくれます。

 

サイト運営者は、その広告(コード)をウェブサイトに埋め込んでおきさえすれば、
ウェブサイトには自動で広告が表示されますから、

閲覧者が訪問した際に、その広告をクリックして眺めてさえくれれば、
月に一度「いや~、あんたのページに広告貼ったらさ~、けっこう沢山の人が見てくれたわ~、あんがと~!」と広告収入が振り込まれる仕組みです。

 

なぜ、どうやって
閲覧者の好きそうな広告が自動で表示できるの?

 

典拠: Adobe Stock

さて、ここで1つ・・・
疑問が湧いた方も多いんじゃないでしょうか?

 

「いや、ホームページにコードを貼り付けておけば、
広告が自動表示されるってのは、なんとなくわかった!
 でもいくら、自動表示ったって、自分で選んだ広告と違って、検討違いな広告が出たところで誰もクリックなんてしないんじゃない?」

 

「TVみたいに、ほとんど興味のない広告がバンバカ流れて、
たま~に『お?うまそ!』と思えるような、アイスのCMでも流れるっていうの?
・・・それじゃ、なかなかクリックしたい広告なんて出ないんじゃない?」

 

もっともな疑問ですが、そういうわけではありません。

 

確かに、スマホやパソコンに、
「CRパチスロ、最新シーズン新台出た!」とか、
「これを毎日飲むだけで、あんなに悩んでたのがモリモリ出る、朝快腸サプリ!」などの自動CM広告が出たら、

「なに~?! 新台とな! すぐ並ばねば!」と思う人も居れば、
「ほんとにそんな簡単に便秘が治るかね~・・・半信半疑(ポチ!)」って人も居るでしょうが、

それが私のPCに表示されたとて、おそらく何の興味も持ちませんし、クリックしようと思わないでしょう。

典拠: realenglish.com

しかしGoogle AdSenseというのは・・・

アドとは、アドバタイズメント(広告)の略。
よく広告の付いたでっかい風船、浮かんでましたよね、「アド」バルーン!

センスとは、センス(感覚)の略。
センスいいね!とか、「物体や感覚」を感知するものをセンサーって言いますよね?

つまり、AdSense(アドセンス)とは、あなたの事を感じ取って、広告を表示させているのです。

あなたの趣味趣向、傾向、今興味があるもの・・・などです。

 

「エスパ~?!」って感じるかもしれませんが、そういう事ではありません。

 

典拠: Jellyfish Health

普段、あなたは今ちょうど、この記事を読んでおられる、PCやスマホ、タブレットなどの端末を使って、様々な事を検索し、調べ、文字を打ち込み・・・などしておられますよね?

 

その端末には、あなたが今までに調べたそれらのデータが記憶されていますので、
Google AdSenseはそれらのデータから類推して、広告を表示させていると思われます。

 

普段違う方が利用している端末を借りてネットを眺めていると、あなたには全く縁のない、「これさえ塗れば、目に見えてわかる!育・増毛トニック!」などの広告がやたらと表示されたり、

自分のパソコンであれば、さっき調べたばかりのマンガが、その後どこのサイトを眺めていようと、すぐに毎回、広告として表示されたりするのはその為です。

そうなれば広告は、必然的に端末の持ち主にとって興味のあるものが沢山表示されるようになりますもんね!

更にGoogleのアカウントを開いた状態で調べたものであれば、余計、確固としたあなたの趣味・傾向のデータとなりますから、
広告はよりあなたの好み?興味のあるものに、近いものとなります◎

 

そうなると・・・

「デュヘッ! じゃぁサイト運営者には、訪問者の私がどの広告を見てるかもわかってるって事~! BLマンガ調べてたのに~!(恥!)」と思われるかもしれませんが、それはありません。

 

まったく同じサイトを、不特定多数が同時に眺めているとしても、
彼らの端末に表示される広告は全員バラバラです。

端末はそれぞれ、全然別の検索結果や、趣味・趣向を読み取っているだけですから。

 

よって、
そのサイトを運営している運営者があなたの端末に表示されている広告が何なのかも、知る由もありません。

 

ただですね・・・

例えば、「スライムの作り方」「スライムを作る 材料」などを調べまくってた人がたどり着いた『これであなたもスライム名人!』という記事があるとして(笑)・・・

それらの人々のスマホに表示されるのは、大体、
「洗濯のり」「ほうしゃ」など、スライムの材料だとか、
パソコンの検索履歴から類推された「工作キット」などの広告や、

あんまりスライムスライムと検索するので、
ちょっと方向性の違う、『●ラゴンクエスト』の「スライム」からゲームソフトの広告が表示されたり・・・

スライム違い!!!(笑)

 

今度は、『ピーマンの育て方』の記事を読んでいる人のスマホ上には、クワやら化成肥料、生ごみ用コンポスターなど、そういった農業資材の広告や、農業体験スクールなどの広告が出ている! と憶測するのは、たやすいと思います。

 

他人にプライバシーが漏れるわけでもなく・・・

いちいち広告を選別して、毎回、貼り付ける必要がない〇

貼っておけば、多かれ少なかれ収益が入る!

 

い・い・こ・と・づ・く・し!◎

こりゃ、アドセンス、やらない手はないですね!

 

アドセンスVSその他ASP広告の特徴と違いのめやす
メリット&デメリット

 

まずは、各社ASPサイトが配信するアフィリエイトと、Googleが提供しているGoogle AdSense広告の特徴や違いなどの目安を表にしましたのでご覧下さい。

まだ今は意味がよくわからない部分があっても大丈夫です◎

 

アフィリエイトと自己アフィリエイトの詳細な違いについては
コチラの記事をご覧ください↓↓↓

Affiliate ロゴ
自己アフィリエイトとは即金は作れるのか? オススメ高報酬単価はFX? ハピタスやA8などASPサイトで代行は危険? 大まかなやり方や手順などこんにちは! 【Get A Life(GAL)】のアメリです! 今回はネットビジネスに関する有益な情報:自己アフィリエイトについ...

 

Google AdSense広告のメリット

 

毎度、広告を選ぶ必要がない・・・

 

一度Google AdSenseの審査を合格して、広告コードを入手してしまえば、閲覧者の端末には、それぞれに合わせた広告が自動的に表示されるので、サイト運営者が毎回広告を選別する必要がありません。

 

クリックするだけで収益になる・・・

 

訪問者があなたのサイトを閲覧し、その傍らにある何やら気になる広告をクリックし、まじまじと閲覧!

それだけで収益になるのですから、各社ASPサービスが提供する「成約型アフィリエイト」と比べると、成果に至るまでの工程が断然短いので、結果に繋がりやすいと言えます。

 

閲覧者が損しない・・・

 

各社ASPサービスが提供するアフィリエイト広告中心のサイトは、
『成約型』という形式上、
「広告を貼る」というステップ以外に、
いかにその商品がよいか、どれだけオススメか、などを、「売りこんで売り込んで、そして閲覧者に(お金を払って)買って貰う・成約してもらう」という構造がありますが、

アドセンス広告というのは、クリックしてもらうだけで収益となりますので、変な言い方ですが、誰も損をしません。

  • 広告の内容を配信したサービス提供元も、広告を見て貰って嬉しい◎
  • するとそれを配信したGoogle AdSenseも、嬉しい◎
  • 気になる広告を見る事のできた閲覧者も嬉しい◎
  • 広告を貼り付けたサイト運営者も、サービス提供会社から「あんたのサイトに広告貼ったから、沢山の人が見てくれたで~、あんがと!」って感謝されて、報酬も貰えて嬉しい◎

四方ヨシ!(笑)

 

かといって、「それならば」と、自分や家族がデタラメに広告をクリックするのは、絶対ダメです。アドセンスを停止されます。

あなたのサイトと知って、誰か他の人が嫌がらせにデタラメにクリックするのも、Googleは全てわかってますから、カウントされません。

 

好きな内容の記事が書ける・・・

 

先程も少し触れましたが、

各社ASPサービスが提供するアフィリエイト広告は、その広告の商品やサービスを、最終的に成約に導く/買って貰わないといけない、という特質の為、

適当に選んだ広告を、適当な場所にポンポコポンポコ貼るのではなく、

いかにいい製品か、

どれだけオススメか、

使ってみたらどんな様子だったか・・・など、その広告ありきの記事を書く傾向が強くなります。

説得力やプレゼン能力がある程、売れますからね^^

 

中には日々のブログの中で、「これ使ったらなかなか良かった」などの割合軽めのテイストで、ボチン!と広告を貼る、「書きたい事メイン」のブログの方もおられますが、
そっちタイプのサイトは、どちらかと言えば収益メインではなく、収益度外視系趣味ブログの域なので、ちょっと本域で稼ぎたい方は参考にすべきかどうか迷うところではありますが、

Google AdSenseの場合は、表示される広告が相手の趣味・傾向に合わせたものが自動表示される仕組みなので、たとえサイト運営者が趣味に傾倒した趣味ブログを好き勝手に書いたとしても、読んでる人の端末にはそれぞれの方が興味のある内容が表示されるわけです。

勿論、人々は自分が興味のあるものしか検索しませんから、誰も興味を持たない「私の心の葛藤・・・今日もつまんない。アイスを食べた」などと書いていても、あなたが今をときめく●ャニーズタレントとかインフルエンサーでない限り、誰も来ません。読みません。

 

なので、収益が欲しいのであれば、集客を念頭におかないといけませんので、ある程度ニーズに応じたものを書いていく必要がありますが、

ASPサイト提供のアフィリエイト広告と比べると、広告の商品/サービスを売り込む記事を書いていく必要がない為、どちらかと言えば記事の内容は自由であると言えると思います。

 

Google AdSense広告のデメリット

 

今度は、Google AdSenseのデメリット・・・というより、「惜しい!」という部分です。

特質上、仕方のない事ですが、きちんと把握しておきましょう。

 

クリック単価が低い

 

クリック型報酬の為、1クリック何円という計算になっています。

クリックして商品を購入すれば収益となるASPなどの「成約型アフィリエイト」と違い、
広告をクリックしてくれるだけで収益化される仕組みの為、クリック単価は1回¥7辺りから~と、とても低いです。

 

見た限り、高い時だと1クリック¥190弱の時もありましたが、
クリック単価というのは、表示されている広告の分野にも大きく左右されますので、必然的に、記事内で金融や定期購買の美容商品やサプリメントなどの内容を扱っていると、それを検索しまっくているユーザーが訪問してくる事になりますので、広告の傾向も変わり、もっと大きなクリック単価の類の広告に変わる可能性は多いにアリです。

 

私の扱っているいくつかのサイトも、分野が様々ですが、TVや芸能系のクリック単価は1桁台と、べらぼうに安いですが、

身体のトラブルや医療を扱ったサイトや、

大きな道具が必要な特定の職業の仕事のノウハウサイトは、全然単価が違います。

 

言うなれば、TV芸能サイトのユーザーは今まで全員「駄菓子」でも検索してたんじゃないかってくらい単価が安いですが、

医療を扱ったサイトだと0が何個か違うくらいのクリック単価ですし、

ある職業のノウハウ系のサイトは、「みんな天体望遠鏡でも検索してたの?!」ってくらい、単価が高い傾向にあります。

 

そんな風に多少のバラつきはあるものの、
基本的には、成約型アフィリエイトと比べると数段に低い、と言えると思います。

 

集客能力が必要

 

これまでで述べたように、
クリックしやすく(=報酬が出やすい)、
クリック単価が低い(=商品を買ったわけではなく、広告を見ただけなので、安い)ので、

同じ広告収入型ブログでも、ASPサイトをひとつ作って10万円稼ぐのと、

アドレンスサイトで10万円稼ぐのとでは、後者の方が、集客力が何倍も必要です。

 

よく考えてみて下さい。

あなたがどこかのサイトを眺めていたとして、広告をクリックする事がどれくらいありますか?

・・・よほど気になる商品やサービスでない限り、あんまり無いのではないでしょうか?

 

では数字に直すと、一体どれくらいの人々が広告をクリックすると思いますか?

 

・・・答えは100分の2~3です。

 

ええ、100人訪問してくれて、3人クリックしてくれたらいいとこです。

先程目安として出した、クリック単価が最低ラインの¥7円だったとして・・・

計算しやすいので、¥10円くらいとしてカウントしましょうか。

 

月に例えば10万円欲しいとしたら、

¥100,000 ÷ ¥30/100人訪問 = 約3,340

100人 x 3340倍 = 約334,000人 の訪問者が月に必要。

 

1日の換算すると、月30日と考えて、

334,000人 ÷ 30日 = 11,134人/日

つまるとろ、単純計算で、1日に11,200人程に訪問してもらう必要があります。

 

ギョエ~!と思われたかもしれませんが、アドセンスかアフィリエイトかに関わらず、集客はたいがいの職種に必要不可欠なスキルになりますので、記事を書きながらもしっかり集客スキルを磨いていくようにしましょう。

 

なかなか認証されない事がある・認証までが長い

 

もう様々なノウハウ記事で読んだ事があるという人も多いと思いますが、Google AdSenseに一度申し込むと・・・認証されるまでがひどく長い時があります。

受かってしまえばあとは普通にサイト運営を行うだけなのですが、受かるまでが長すぎた人にとっては、燃え尽き症候群になる人もチラホラ!

兵だと、50回以上も落ちた人も居るそうで・・・すごい心臓だ(笑)

 

せっかく認証されてもしばらく広告を貼っていないとアドセンス認証を消される!

また、一度そのサイトが認証されても、ずっと広告を貼ってないと、広告を貼る権利を消されたりもします。

 

私もありました。

 

久しぶりに広告を貼ろうとすると・・・広告コードが消えてる!

仕方ないので、新しく広告コードを作って貼ろうとすると・・・なぜか初めてアドセンスに申し込んだ時のように『審査中』との表示・・・。

 

「あれ? このサイトは以前普通にGoogle AdSenseに認証されて、
普通に広告が貼れてたのに・・・」・・・おかしい。

そして、2~3日すると「このサイトは広告を貼る準備ができていないようです」って(笑)

 

「じゃぁ以前はどうして貼れていたの?」と聞きたいですよ(笑)

実は原因は以下にあります。

 

以前は一度Google AdSenseアカウントを取得すれば、2つ目のサイトからは審査なしで広告を貼る事ができたのに・・・

 

そうなんです。

以前は、
1つ目のサイトに広告を貼りたくて、厳しい?Google AdSenseの審査に合格してしまえば、
2つ目以降からのサイトには、1つ目で作ったGoogle AdSenseアカウントで次の広告コードを発行し、どんどん貼る事ができたのです。

 

ところが今は2つ目以降のサイトでも、毎回審査が必要になってきていて・・・
また1つ目の時と同じように、何記事も記事を書いて、写真はなるべく貼らないようにして・・・

 

また同じことの繰り返しになってしまいました。

確かに、1つ目のサイトでOKだからと言って、

2つ目、3つ目で、公序良俗もへったくれもないひどいサイトを作られて、どんどん広告を貼られたら、Googleのお品も形無しなので理解はできますが、
サイト制作者からしたら、労力は段違いなのでトホホですよ。

 

でもま、あまりよろしくないサイトが乱立されるのも、同じ土俵で戦う者としても困るので、こういう厳しい審査は必要なのかな・・・と思います。

 

*************************

と、いう事で、Google AdSenseの特徴や、普通のアフィリエイト広告との違い、メリットデメリットまでお分かり頂けましたか?

しくみが理解できるまで、腑に落ちない事があるかと思いますが、運営してゆけばすぐに「ああこういう事だったのか」と、謎が解けてゆくと思いますので混乱しないで大丈夫です◎

 

おそらくほとんどの方はこれから実際に申請してゆかれると思うので、以下の記事を先にご一読の上、まだそろっていない準備物はさっさと揃えてしまいましょうね↓↓↓

 

Google AdSenseへの登録申請方法の記事はコチラです↓↓↓

Google AdSenseに登録申請する方法!審査に落ちたくない人の為の、必勝必須準備物からわかりやすい申請手順まで詳細に!この記事ではアドセンス審査に落ちない為に、審査までにきちんと準備しておいた方がいいものリストや、実際の登録申請のやり方手順を詳細に説明しています。いずれアドセンス申請をしたい方も前もってご一読しておいて下さい。...
趣味ブログ・実益サイトが作れる無料の教科書

KIBAN バナー