インストール・導入・設定方法

【Xサーバー】作ったばかりの新サイトを、Xサーバーで無料SSL化させる方法と手順【無料SSL化】

こんにちは!【Get A Life(GAL)】のアメリです!

 

今日は、Xサーバーで作ったばかりの、新サイトを無料SSL化させる方法と手順について、解説したいと思います。

「SSL化って何? 機関車??」という方は、
また別記事を準備しておきますので、ご覧ください^^

コイツの事ではない。
典拠: Mirror

エックスサーバーだと、SSL化が無料だから、格安サーバーを契約して、別途すごく高いセキュア代を追加で払うより、はるかに安いんですよね・・・実は!

意外とこっちの方が、断然にお得なのです。

対象サイト

まだ記事投稿や、固定ページが無い状態のサイト。

まだプラグインも、ほぼ導入していない状態のサイト。

(バックアップ程度のプラグインなら大丈夫b)

すでに設定をガンガン済ませて、プラグインや、記事なども入れてしまったサイトのSSL化については、
また別のプロセスがプラスアルファで必要になりますので、この記事は参考にしないでね^^

詳細は次の項目を見てね!

SSL化されるまでの作業の流れ

まず、すでに稼働しているサイトをSSL化するまでのプロセスには、
大きく分けて5つの段階があります。

通常SSL化のステップ

まず最初に、

Step 1. XサーバーでSSL化させる。

 

SSL化設定をしてからの作業が以下です。

Step 2.
Googleアナリティックスを設定し、
サーチコンソールを調整。

Step 3. WordPressの設定を変更する。

Step 4. サイト内URL(画像やリンク)の変更

Step 5. 301リダイレクトの設定

の5つです。

 

けれども、最初に述べたように、

今回の状況は・・・と言えば、
新サイトを立ち上げ、まだ何のプラグインもほぼ入れてなければ、記事も全く投稿したことがない状態ですので、上記全てのプロセスは必要ないのです。

新サイトSSL化ステップ

上記、4,5に至っては、中の記事のURL変更も何も、
そもそもURLの付いた記事や、古いURLの付いた元記事がまだ存在しない為、
やる必要がないのです。

 

必要なのは1~3のみ↓↓↓

つまりこれだけ!
新サイトSSL化ステップ

私も毎回この段階で、この自己流の方法でSSL化させますが、
これといって変な事が起こった事はありません。

 

ウホホ?!
サイト稼働させた後でSSL化を導入すると、

プラグイン入れたり、
本当にきちんと変更されたかどうか、念のため1記事1記事URLチェックしたり、
内部リンクのURLが正しいかどうか目を皿のようにして確認したり、
画像の1枚1枚チェックしたりと、め~~~~~っちゃ手間なんです。

今やっておくと、なんと楽なことか!

得した気分★

 

では早速取り掛かりましょう!

作業に取り掛かる前に準備!

1.Google Analyticsで、アカウントを作成しておく。

アカウントの作成方法がわからない方はコチラ!

 

2.バックアップを取る。

取り掛かる前に、心配な方はバックアップを取っておくといいと思いますが、

・・・と言え、
この時点ではバックアップするような内容も何も、ほぼ皆無の状態ですので、
私はやっていません。

すでに稼働中サイトのSSL化の場合は、絶対やりますけどね^^

プラグイン『UpdraftPlus』を使って
バックアップする方法はコチラ

Xサーバーで新サイトを無料SSL化する方法と手順 [動画]

 

Xサーバー: サーバーパネル ログイン URL

https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

 

Google Analytics ログインURL: 

https://www.google.com/intl/ja/analytics/search.html

 

SSL化設定が終わったら、サイトマップをサーチコンソールにアップしましょう!